イキリエロゲーマーの自己満感想所

エロゲの感想、考察をマイペースに書いてます。

Summer Pockets久島鴎√感想

みなさんこんにちは。初めましての人は初めまして。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

拙いものではあると思いますが、最後まで見ていってくれると嬉しいです。

 

しろは√の感想を書いた際に、他の√の感想は書かないみたいなことを言った気がしますが、まあ嘘です。鴎√もかなり良かったので、感想を書きにきました。ひょっとしたら全√書くかもしれないですね。もうそこは完全に気分ですが。

 

※ネタバレ全開です。未プレイの人は見ないでください。

 

 

 

 

 

鴎√、なんかとても新島先生らしさがしましたね。僕は新島先生の作品を「はつゆきさくら」と「恋カケ」しかプレイしたことがないので、そんな奴が語るのはおこがましい気もしますが。

美少女ゲーにおいて離別ENDは賛否両論だと思いますが、鴎√に関しては肯定派が多そうですね。twitterを見ててもそう思います。恋カケのようなキャラの性格云々の問題ではないからでしょうか。

 

f:id:Kesizumi:20180707133831j:plain

 

本当にこの作品は“夏休み”というものを表現するのが上手過ぎる。僕も羽依里や鴎と冒険したくなりました。とってもワクワクしながらマウスをクリックしていたのを覚えています。大人的に言えば“馬鹿げたこと”を無邪気に経験できるのは子供の特権ですよね。そう考えると、“成長”という言葉にはマイナスの意味をも帯びてくる気がします。

必ずしも良いことばかりではない。

 

f:id:Kesizumi:20180707133533j:plain

 

これ、鴎は自分自身のことだと言っていましたが、どういうことなんでしょうか?この時点で鴎は記憶を取り戻していないわけだから、読者との約束を果たせなかったことについてではない。本の中の人物達(この時の鴎にとっては実在する昔の友達)との約束を10年経った今、果たせていないということでしょうか。まあ結局、同じことですが。

 

この直前で言っていた「期待されるだけすごいね」って台詞は心に刺さりました。期待の先に何が待っていようと、そもそも期待を持たれるのはすごいことです。それだけ誰かの信頼を勝ち取ったということであり、誰かに身を任されるほどの大きな人物であるということですから。まあそれがされる側にとって、しばしば羽依里のように、足枷になるのは難しいところではありますが。

 

f:id:Kesizumi:20180707134802j:plain

f:id:Kesizumi:20180707134806j:plain

 

自分にとってはかけがえのない思い出でも、他人にとってはそうでもない…とても怖いことです。今の僕にすごい突き刺さります。僕は高校時代が本当にかけがえのない思い出として心に残っていますが、大学でバラバラになった同級生はそんなことないかもしれない。大学生活の方がもう大切な思い出になっているかもしれない。そう考えると、僕だけ“置いてけぼり”なんだなって感じてしまいます。そんなものだと割り切れればいいのですが、鴎も作中で言っている通り、割り切れないんですよ。心の奥深くに根強く残っていて、まるでそれは“宝物”なんです。

 

f:id:Kesizumi:20180707135431j:plain

 

だからこそ、この羽依里の言葉には救われました。ありがとう、羽依里。

 

f:id:Kesizumi:20180707135536j:plain

 

新島先生らしい突然の別れ。何度この展開食らっても「えっ?」ってなります。羽依里も呆然としていましたが、僕もしばらく開いた口が塞がらなかったです。

 

f:id:Kesizumi:20180707161828j:plain

f:id:Kesizumi:20180707161831j:plain

f:id:Kesizumi:20180707161836j:plain

f:id:Kesizumi:20180707161852j:plain

 

この行動力、感激しますね。それだけ鴎にとって“夏休みの冒険”というものは憧憬の的であり、叶えたい願望だったということでしょう。不自由な時にこそ、欲望というものは高まるのでしょうね。そういう意味において、自分のやりたいことは大抵実行できる境遇には、感謝した方がいいのかもしれません。月並みな言葉ですが、「当たり前のことが当たり前であることに感謝」ですね。

 

f:id:Kesizumi:20180707162328j:plain

f:id:Kesizumi:20180707162330j:plain

 

結局、自分の中でこう思えればどんなことだって無駄でないのかもしれません。これは、しろは√でのテーマにもありましたね。結局、子供の頃の夏休みなんて、大人になった今振り返れば一見しょうもないものだけれども、それでも自分がそこに確かな価値を見いだせれば、十分だということでしょう。

 

f:id:Kesizumi:20180707162638j:plain

f:id:Kesizumi:20180707162644j:plain

 

そうして鴎も報われます。自分の願いが羽依里を通して完全に叶ったわけですから。羽依里も鴎を通して大切なものを掴み、鴎も自分の望みを達成する。“10年後の夏休み”はこうしてかけがえのない思い出へと昇華したことでしょう。涙が止まらないですね…。

 

f:id:Kesizumi:20180707162929j:plain

 

鴎は今もどこかで冒険を続けていることでしょう。もっともっと、“とっておき”を求めて…。

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。感想と言ってもなんというか、ありきたりなことしか言えてない気もしますが、楽しんでいただけたのなら幸いです。

√毎に主題が設定されているのではなく、サマポケ全体の主題をどの√もなぞって、その伝え方が√毎に違うのではないのでしょうか。そんな気がします。

 

前も言った通り、しろはtrueは絶対に感想をブログにまとめようと思ってます。蒼√や紬√はわかりません。この調子だと多分書くと思いますが。その時はまた見てくださると嬉しいです。

コメントやtwitter@__kessi__の方で反応をくれるととても喜びます。

それではまた!